PAFFパフ

すべての非正規労働者に一人前の賃金を!

PAFFとは?

PAFFの紹介

 PAFFは、フリーターに対しての各々の問題意識を切り口に展開されるイベントや読書会、NPOといった社会運動を繋げていくネットワークです。また、フリーターなど非正規労働者への関心や社会構造的な問題を「自己責任」や「甘え」といった言葉にすり替える社会に対して批判的な視点を持ち、かつ共有の基盤とする個人の群れであり、PAFF自体が社会運動であります。
 私達はフリーターに対しての問題意識を持つ個人が「PAFF」を名乗ることで、各々の取り組みに緩やかな繋がりを持たせ、時には強い連帯を、時にはコンフリクトを起こしながら、広がりを持ったフリーター運動が展開することを志向しています。
 そのためには、一定のコミュニケーションと信頼関係が必要です。ただし、信頼関係という名の下に個人の取り組みが抑圧されては意味がありません。重要なのは、各々の問題意識を深め、互いに議論を重ね、PAFFというネットワークと参加者個人の間で緊張関係を持ち続けることです。
 そのような状況下で、PAFFとしてのメッセージ、企画を打ち出していきたいと思います。各々で問題意識を深め、企画を打ち出し、フリーター独りが「自己責任」の名の下に劣悪な労働環境を背負い込ませられるような社会に波を立てていきましょう。

  • PAFF:フリーター全般労働組合を求心力とし、ギャザリングも含めたフリーター運動のための運動体。
  • PAFF内サークル:PAFF内で2名以上の賛同を得てイベントなど展開するPAFF内の有志団体。PAFFの実践活動の活性化と多様性の担保を目的とする。
  • フリーター全般労働組合:PAFFから派生した労働組合で、PAFFの基盤組織に位置する。

このページのトップへ▲


©Copyleft 2004-2007, FZRK-PAFF