PAFFパフ

すべての非正規労働者に一人前の賃金を!

フリーター全般労働組合

自由と生存のメーデー07

  フリーター労組では4月30日に「自由と生存のメーデー07」を呼びかけています。
  不安定な生を強いられる者たちの反攻の日として、メーデーの集会と行動を作り上げて行こうと考えています。
  ぜひメーデー実行委への参加、賛同をお願いします。
「自由と生存のメーデー 07」
―生きることはよい。生存を貶めるな!
―低賃金・長時間労働を撤廃しろ。まともに暮らせる賃金と保障を!
―社会的排除と選別を許すな。やられたままで黙ってはいないぞ!
―殺すことはない。戦争の廃絶を!
―メーデーを抗議と連帯と反攻の日に!
  • 日時:2006年4月30日(月・休)集合13時
  • 場所:大久保地域センター
  • 呼びかけ:フリーター全般労働組合
  • 連絡先:フリーター全般労働組合
      〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-16-13 MKビル2階
      電話:03-3373-0180 e-mail:paff(at)sanpal.co.jp
    チラシはこちら(オモテ)(ウラ)

     「格差」と「貧困」が社会的な課題としてにわかに取りざたされている。しかし 雇用の流動化はさらに進められ、生きるための基盤はますます不安定なものへと 置き換えられるばかりだ。政府は問題を「機会の不足」へと矮小化し、格差と貧 困の責任を私たちの就業能力、起業能力の欠如に還元しようとしている。その帰 結は、生存を「自立」競争の勝利者への褒賞に変えることに他ならない。

     しかし、彼らが言うように未来なく不安定なこの生を自分のせいにされ、頭と体 と感情をすり減らすことはない。働かない・働けないことへの侮蔑と嘲笑と同情 におびえる日々を終わらせるための反攻はすでに始まっているからだ。労働を道 徳と結びつけ、勝ち誇って人に生きる資格を問う者たちに、差別と排除で人々を 切り分け敵対させる者たちに、私たちは全身で反対する。「ただ生きること」を 肯定する私たちは、この社会にもたらされている「戦争」を拒絶し、侮蔑と不正 に連帯で応じる。この自由と生存の日に!プレカリアートの反攻の日に!

    2007年3月23日「自由と生存のメーデー 07」実行委員会

    <運営上の確認> 
    政治的立場の違いを暴力によって「解決」することを実践 し、その行為と思想を正当化し続ける人びとの参加はおことわりします。
    <以下フォーム> 
    連絡先にあててご返信ください
    -----------------------------------------------------------------
    「自由と生存のメーデー 07」実行委員会に賛同します
    ※以下[ ]内は、該当するものに○をしてください。
  • お名前:(                  )[団体・個人] [公表 可・不可]
           (肩書き等:               )
  • 連絡先:(集会関連情報をお送りします)  
      (住所)[自宅・事務所]  
      (電話)[自宅・事務所・携帯]      (    )          
      (FAX)     (     )  
      (e-mail)
  • 賛同費:[ 団体2000円 ・ 個人1000円 ]を[ 申し込み時 ・ 集会当日 ]入金します。
    ■賛同費振込先
    郵便振替 10080-91518311 口座名 フリーター全般労働組合
    (※通信欄に「メーデー07賛同」とご記入の上お振込みください)

    フリーター全般労働組合 フリーター全般労働組合
     〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-16-13 MKビル2階
     電話&FAX 03-3373-0180
     メール paff@sanpal.co.jp
     web http://a.sanpal.co.jp/paff/union/
     郵便局「ぱるる」 10080-91518311
     
    口座名 フリーター全般労働組合

    このページのトップへ▲


  • ©Copyleft 2004-2007, FZRK-PAFF