声明 【新型コロナ】よこせ! よこせ! よこせ!【政府への要求】

【新型コロナ】よこせ! よこせ! よこせ!【政府への要求】

新型コロナウイルス禍により、自粛、休業の嵐が吹き荒れている。そしてその結果、昼夜問わずの労働者、フリーランス、アーティスト、零細自営業者などの生存が直接に脅かされはじめている。
安倍政権が「専門家の話も聞かず」に打ち出した「自粛要請」に端を発してもたらされたこの事態に対しては、安倍政権が直接の責任を負うべきである。
しかし実際に打ち出されている施策はなにか。
いまのところ、「子どものめんどうを見た場合」に対してのみ、被雇用者には「会社に対して」日額8330円、フリーランスや自営業者には本人に対して日額4100円を支給することが決まっているいう。
ふざけるな。これで足りるわけがないし、やりかたもまちがっている。
そもそも自粛要請は多岐にわたり行われているのに、なぜ「子どものめんどう」だけがまっさきに「補償」されるのか。
フリーランスや自営業者の金額がなぜ「最低賃金×4時間」という不当かつ意味不明な評価なのか。
そして、労働者への「補償」も、あくまでも「会社が賃金補償を行った場合の補助金」であり、そもそも会社が賃金補償を行わなければ労働者には1円たりとも入らないのである。
まして、労働者であるにもかかわらず雇用保険や労災保険にも入れず、有給休暇などとれない、水商売で働く人々は、客足が遠のき休業にされても有休も休業補償もとれず、解雇されても失業保険すらもらえないのだ。

なによりも、新型コロナウイルスに罹患した本人の収入損失に対しては、正規労働者だろうが零細自営業者だろうが、いっさいの補償が行われないのである。

こんなひどい話があってよいのか。もちろん、ない。

公衆衛生をめぐる議論もあるだろう。なぜ「子どものめんどう見」が優先されたのかなど、きなくさい話もある。
いっぽうで、もちろん、水商売の労働者に労働者としての権利を認め、経営者に労働法を守らせることが必要である。
しかし、今はまず言うべきである。「よこせ!」と。

今後、サービス業や夜の仕事を中心に、不況もいっそう深刻化し、倒産や人員整理の嵐も押し寄せるだろう。
この事態に対して補償も給付も一切行われなければ、生活の破綻を、不安を抱えて待つしかないのだ。

政府は新型コロナウイルスにともなう補償や給付を無制限に行なえ!

フリーター全般労働組合

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です